Dee&RIE × TERPSIスペシャルインタビュー 〜前編〜


今回は、D-BLAST のリーダーとして数々のコンテストやバトルで優秀な成績を残し、 AI 専属ダンサーとして全国ツアーの総演出も任される一方で、 Studio S.W.A.G.の経営者としての顔も持つ Dee(ディー)と、
10 代の頃から海外で活躍し、LADY GAGA のバッグダンサーも務める QUEEN OF SWAG のリーダー、RIE(リエ)のスペシャルインタビュー。

お二人がダンスを始めたキッカケから、今や一般層にまで浸透している 「SWAG」の真の意味、『JADE』とのコラボ商品の製作秘話など、普段知ることができないようなことを色々お話していただきました。

『TERPSI × Dee&RIE スペシャルインタビュー』では、その模様を前編、
後編に分けてたっぷりお伝えいたします。どうぞお楽しみ下さい!

Q.では、まず始めに、お2人がダンスを始めたキッカケを教えてください。

Dee
俺はもう強制的な感じ。小学校入ってすぐにサッカー始めたんだけど、 俺のお母さんの姉が“STUDIO HANA”っていうダンススタジオを湘南でやっていて 「あんたリズム感ないからダンスやれ!」って言われて始めたのがキッカケ。

最初はレオタードっていうかスパッツみたいなの履かされて JAZZ みたいなのやってたんだよね(笑)

「ダンスなんて女の子がやるもの」って思ってたし、実際周りは、女の子ばっかりでめちゃくちゃ嫌だった。それで「男誰か入って来ないかなー」って思っていたときに入ってきたのが NOPPO だよね。

RIE
s**t kingz の!
Dee
そう、だから俺らって実は幼馴染なんだよね。“STUDIO HANA”出身のダンサーめちゃ多いからね!

Q.杏仁豆腐の SALLY さんも“STUDIO HANA”出身の方なんですよね?

Dee
そうそう。SALLY は俺のいとこ。SALLY のお母さんがスタジオの先生だったんだよね!それでダンス続けてて中学生の時には「ダンス1本でいく!」って決めていたかな。

いつの間にか“ダンスしか無かった”っていう感じ。うん、俺のダンス始めたキッカケはそんな感じ。

RIE
RIE は新潟の海と山しか無いようなすごいど田舎に住んでて “歌手になる” っていう夢があったんですけど、 小4くらいの時にお母さんが「歌手になるなら東京に行こう!」って言ってくれて、東京にあるボイトレとかダンスとか色々やってるスクールに入れさせてもらったのがキッカケかな。

そのスクールへ通ってるうちにボイトレよりダンスの方が楽しくなってきちゃって!その時習ってたのが XXX LARGE の TETSU さんとかROCK WILDERのMAAさんとかでした。

あとその頃 DANCE ATTACK に出始めて、本当どんどんダンスに夢中になっていったな。

Q.当時の DANCE ATTACK に一緒に出ていた同じ世代のダンサーさんにはどんな方達がいたんですか?

RIE
その頃の DANCE ATTACK って中学生の部、高校生の部に分かれていなくて、
「西の部」「東の部」って感じで分かれていたんですけど、同じ「東の部」として出てたのは D-BLAST とか光くん(高梨光 from Do The Right Inc)とかで、優勝したりしてました。あとは誰だろ?

Dee
SAYA とか!

RIE
あ、そう!SAYA は杏仁豆腐がまだ結成されててない頃に MIZUE ちゃん(杏仁豆腐)との2人チームで出てたりとか。 その他にもいっぱいいたよね?s**t kingz の KAZUKI と NOPPO がハウスのチームで出てたし! あとは Koharu SugawaraとRuu (Expectp Patronum!!)が一緒にDEVILってうチームで出たりしてたなー。

-Mikael さん登場(着替えのため)-

Mikael
すみません、失礼します…

RIE
彼は、RIE と同い年なんですけど多分 ATTACK 出てない。

Mikael
そうです。

Dee
こいつはいまアタックしてるところ!

一同 (笑)

RIE
みんな同年代だからその時から仲良かったんだよね!地方に住んでる Koharu とか Ruu は 東京のイベントに出るために RIE の家に泊まったりしてましたね!

 

Q.その頃にはもう Dee さんと知り合ってたんですか?Dee&RIEインタビュー

RIE
全然!RIE が住んでいた所は“川崎”って言っても多摩区っていうところで Dee さんは川崎区ってところだから遠いんですよね。だからその時は全然知り合ってなかったです。

Dee
俺が RIE のことを「こいつが RIE か!」って認識したのは SAYA&RIE やってる時だったかな。

RIE が新潟を出たのが小4の時で SAYA&RIE が始まったのが RIE が17とか18くらいの時。その頃までは全然知り合いじゃなかった!

RIE
知り合ったのは光くんつながりって感じだよね!昔からDeeは光くんと一緒に踊ったりしてたんだけど、そのうち RIE も光くんと踊るようになって。
それが2人の出会いかな?

-海外での活躍-

 Q.お2人が出会ってから、海外に行くようになったキッカケを教えて下さい。

RIE
実は RIE は中学卒業したくらいの時から、LA に文化とかダンスを学びに行ってて。「自分のスタイルを貫き通して将来はここで仕事したい!」っていう思いが強くなっていって「とりあえずうまくなろう!」と思って努力していたら自然と呼ばれたって感じです!

Dee
その頃ちょうど YouTube が世界で流行り初めた時期でさ。全世界の人に見てもらうことなんてそれまでは無かったんだけど、YouTube が出てきて国が違う人でもダンスを見れるようになったんだよね。
それで海外のワークショップを主催してるような人が、動画を見て「あ、この人呼びたいからWS呼ぼう」っていう動きが始まったくらいの時に呼ばれたのがRIE だったんだ。

RIE
RIE が1人で海外行ってる時に、当時から人気だった Lyle Beniga のレッスンで1人選ばれて!その時のレッスン動画を見て WS に呼んでくれる人が多くなったな!

ワークショップについての連絡とかって Facebook で「あなたが Lyle と一緒に2人で踊ってた人ですか?良かったら私のところに WS しに来て下さい」 って感じで来るんですよ。だから、最初いたずらだと思って Shaun Evaristo とか Lyle Beniga に 「この人知ってる?」って連絡して、「この人大丈夫だから行きなよー。」って言われた時だけ行ってたかな。

それで、RIE と同じで Dee の動画を見せれば海外の WS 呼ばれるだろう!と思ってDee のレッスンとか、D-BLAST の動画とかを海外のオーガナイザー宛に送ったりしたんだよね!それで「2人でWSをしに来て下さい」っていう話になって Dee と2人で WS しに行きました。それが2人で海外に行くようになったキッカケかな。

初めて行った WS がノルウェーに1ヶ月。帰ってきた次の日にすぐ LA に出発。って感じで海外に行ってました。

その LA の WS の時にBrian Puspos とか Jun Quemado と一緒にダンスキャンプみたいな感じで LA だけじゃなく、カナダだったり、シアトル、テキサスを回って。
色んなところに WS しに行くうちに 「Dee と RIE っていう面白いやつがいる」って口コミで広まっていったんだよね!

当時、s**t kingz が BODY ROCK で優勝してて有名だったんだけど、 ドギーとかやるようなDeeとRIEのスタイルは海外の人たちにとっては “今まで見たことがないようなスタイル”だったから海外の人にも受けたのかもね!

-「SWAG」にかける二人の思い-

Dee
そう!それで日本帰ってきたら、俺らのスタイルが“SWAG スタイル”って言われてたんだよね!
別に“SWAG スタイル”ではないのに…!って思ってた。

RIE
RIE 達は自分がかっこいいと思う HIPHOP を、自分なりにめちゃくちゃカッコつけて踊ってるだけで…
ジャンルの中の1つに「SWAG」って言うのがあるわけではないんですよ。

日本の人たちが2人のダンスを“SWAG スタイル”って勝手に付けただけで、RIE 達のダンスは一応 HIPHOP です(笑)

Q.自分たちのダンスを“SWAG スタイル”と言われていることについてはどう思っていますか?

Dee
そうだねー。俺は正直あまり好きじゃないね。でも、自分より上の先輩の人とかも「やっぱり最近 SWAG スタイルやりたい!って言う子が多いんだよねー」って言われることも多くて、誤解解くのも面倒で「まじっすか」って返答することが多いかな。

RIE
“SWAG スタイル第一人者”って言われることはありがたいんだけど、一応私たちは HIPHOP をやってるつもりでダンスをしてます。

Dee
HOUSE でも JAZZ でも“自分がかっこいい”と思うことをやること自体が
「SWAG」だから、そこは勘違いしないで欲しいかな?

RIE
RIE 達は曲にとらわれないで“自分がかっこいい”と思う曲でダンスしてる! LOCK’INの曲だったりOLD SCHOOLの曲で踊ることなんていっぱいあるよ!
でも“SWAG スタイル”って勘違いしてる人は、ドギーができるような曲を使ったり、Tyga とか Chris Brown の曲を使ってダンスをすることが、“SWAG スタイル”! って勘違いしてると思うんですよね…

Dee
1人1人かっこいいと思うことはそれぞれ違うから「SWAG」は1人1人違うんだよね!最近「 SWAG」って言葉が韓国とか中国とかでも流行ったり、日本でもメジャーアーティストがそういった感じの曲出してて ちょっと流行り過ぎて嫌だから「KING OF SWAG」って名前やめて「KING」だけにしようかなーって実は思ってる!笑

一同 (笑)

Q.では、お二人の考える SWAG=かっこいいに対してのこだわりがあれば教えてください。

Dee&RIEインタビュー02

RIE
RIE は、自信を持って“自分”をしっかり持つことだと思います。

ダンスって黙々と踊って自分の世界に入ることもできるから、シャイな人だってできるし、形だけを重要視すれば成り立つダンスだってある。形が最初からあって、それをマネするのは日本のダンサーすごくうまいんだけど、 私は黒人みたいに、形にとらわれないで“自分にしかできない見せ方”ができるダンサーになりたい。 そうゆう思いがあって今のスタイルに行き着いてます。

「みんながやってることを自分もやる!」じゃなくて、自分がかっこいいと思うことを自信持ってやることが私にとってのかっこいい=SWAG だなって思います。

Dee
今の日本のキッズってスキルで言えば世界一。俺らなんかよりうまいキッズダンサーなんていっぱいいるよ!でも俺は「スキル頑張れ!」「スキル磨け!」ってことは1回も教えてなくて自分のことが1番かっこいいと思える、そういう自信満々なダンサー「オンリーワンダンサー」になって欲しい。

RIE
自信満々なね!

Dee
ただエグい動きだけをして、スキルだけで見せるダンサーにはなって欲しくないんだよね。スキルなんて子どもの時からずっとダンスやってれば自然と付いてくるものだと思う。だから、せっかくダンスやってもらうんだったら“かっこいいダンサー”になって欲しい!

RIE
うちのスタジオの子どもたちを見るともう説明不要。本当すごい!鏡が目の前にあったとしたらずーっと自分に話しかけてる!(笑)
HATA BOYとか分かりますか?RIE がプロデュースしてるチームなんですけど、RIE が指示しなくても自分たちで「ワァー!」って勝手にやっててすごいなー、かっこいいなーって思いますね!最近そういう子達が育ってきてて、最高だなー。って思います。

『TERPSI × Dee&RIE スペシャルインタビュー 〜後編〜』に続く

初心者歓迎!受け放題充実!KING OF SWAG&QUEEN OF SWAGが教えるダンススタジオ!

〒210-0012
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-1 マツバラビル2F
(川崎駅より徒歩10分ほど、国道15号線沿い)
044-201-7188
http://studio-swag.com/
Twitter @StudioSWAG143studioswag