KENZOスペシャルインタビュー「信念を貫くブランドに魅了されて」


世界が認めたダンサーであり、「DA PUMP(ダパンプ)」のパフォーマーを務めるKENZO(ケンゾー)氏。

前人未到の五年連続世界大会優勝、総タイトル50以上という成績を収めながら、振り付け師として、安室奈美恵、TRF、DA PUMP、フェアリーズや多数のアーティストも提供し、DA PUMPとして、日本のメジャーシーンでも活躍を続ける。
そんな彼は、ストリートダンスをコンセプトとしたシューズブランド『JADE』のブランドパートナーに就任し、ダンスシーンにも新たな風向きを加える。

今回は、日本のダンスシーンを、オーバーグラウンド、アンダーグラウンドの視点から見てきたKENZO氏が見てきたダンス観。そしてブランドパートナー就任に到った経緯、今後の展開についてお伺いしました。

親友の死を乗り越え、世界を手にした。

Q.ダンスを始めて、仕事としてのダンサーとして生きる決意はいつされたんですか?
KENZO
真剣に意識し始めたのは、高校の頃ですね。
ダンスを観て衝撃が体の中を走って始めたのは15歳の頃で、平日も遅くまで踊っていて、土日は博多とか、都会の方に出てダンスに明け暮れるくらい没頭していました。
帰るのは毎日深夜、いわゆる不良みたいなもので、中高生の頃なのに帰るのが遅いから、親父には殴られたりしていました。それくらいダンスに没頭していました。
田舎なので周囲からの目もあったのですが、それでもダンスが大好きで、ずっとダンスしていたんです。その中で具体的に仕事にしようと思ったきっかけは、高校の進路選択の時ですね。

高校の進路選択のとき、いつも一緒にいた幼なじみの奴が、「俺は高校を卒業したら関西に出て、日本一の古着屋になる」って言ったきたんです。それを聞いて、自分も「日本一のダンサーになる」って、ちょっと強がって、言っていたんです。

KENZO.1

次の日、起きたら不在着信が10何件も溜まっていて、しかも一人じゃなくて、複数の友達からかかっていたんです。
そのうちの一人にかけ直してみたら、それは、『進路を話していた幼なじみが亡くなった』という連絡でした。もう、頭の中が真っ白になりましたよ。

試験問題の用紙をコピーしようと、コンビニに行く途中に家を出て、車にはねられて事故で亡くなったんです。あり得ないですよね。今でも鮮明に覚えているのですが、そのときに自分は「夢を叶えるのは自分しかいない。一度言った夢だし、もう叶えるしかない。日本一になる」って決意しました。
その覚悟があるから、違いますよね。本気さが。

それから上京して、大学時代もずっとダンスをやっていたんですが、やっぱり親父には反対されていました。
それで21歳のときに初めて親父をダンスディライトに招待して、パフォーマンスを見て、感動して、泣いてくれて。『今まで応援できずに申し訳ない』って言ってくれたんです。

その後は周りの方々に支えられて色々な大会優勝して、日本一、世界一のタイトルを手に出来たり、ダンサーとして生きてきた中にはその強い意志がありますよね。

ダンスにしか興味がありません。

Q.そういう思いを携えてストリートシーンでの活躍をされてきたんですね。その後、メジャーシーンに入るキッカケはどういうものだったんですか?

DAPUMPアー写

KENZO
最初のきっかけは、今の事務所からのスカウトです。
今の事務所から「お仕事の話がしたいので」って電話がかかってきて。「振り付けの話かな?」と思って、会いに行ったら、「デビューしませんか?」って言われました。
興味は全然無かったんですけど「一度考えます」っていう風に濁し気味で断わって。
後日、「もう1度だけでいいんで!来てもらえませんか?」って強く言われて行きました。

そしたらそこにISSAさんがいて。
ISSAさんに「DA PUMPに入ってくれないか?実は、デビューってDA PUMPなんだけど」って言われて「・・・え!?」みたいな(笑)

当時デビューにはそんなに興味は無かったんですけど、『DA PUMP』にすごい反応したのは、“ダンスアーティスト”は今でもすごく多いと思うんですが、スーパーチャンプルの頃から考えて、“ストリートのシーンを一番大事にしているアーティスト”って自分の中でDA PUMPだったんです。好きなストリートダンスをやっているアーティストだった。

で、入る時にも「基本的に自分はダンスしかない。必要なら歌とか芝居もやるかもしれないけど、ダンスしか興味ないですけどそれでもいいですか?」と言って、それでも「俺たちのチームに入ってお前の力を貸してくれないか?」って言って下さって、決心がつきました。

Q.メジャーシーンというより、ストリートを意識している上でのデビューだったから良かった。
KENZO
そうですね。
ただ、自分のチーム『SHUFFLE!!』では本当に揉めました。
周りの人は、「いいじゃん!頑張って来なよ!」みたいな、そういう反応だったんですけど、反対した人が3人いて。それがSHUFFLE!!のメンバー。
「KENZOはこれからこの関東のダンスシーンを牽引する存在だし、お前についてきてる何百人のやつらはどうするんだよ。だし、お前はそっちの世界が絶対に合わない」ってことを言われた。やっぱり、僕の事を良く分かっていました。

入ったら、案の定合わなかったです。メジャーなシーンとストリートのシーンのすれを感じて、そこには食らいました。

ダンサーとしての志が潰されるような現場も沢山ありました。だけど、僕はそこで逃げようとはしなかったです。「ただダンスの事を知らないだけなんだ。」って自分に言い聞かせました。

「ダンスの価値はそんなもんじゃない」って正直くるしかったです。自分の信念を貫けるものだったら、世の中の人が変わってくれるんじゃないかなと思いました。

信念を貫くブランドに魅了されて。

Q.そういうシーンを経験してきて、今に到るわけですね。
そんな中で、『JADE』のブランドパートナーとして就任された経緯を教えていただけますか?

A14

KENZO
JADEさんが2014年、3月頃に展示会を開催していたときに、合計6時間くらい話したんです(笑)なんだったんですかね。そのときが初めてちゃんとお話をしたときでした。
招待を頂いたので、「行かなきゃ」と思って行ったんです。
元々JADEの靴は履いていたんですよね。チームでもJADEの靴を使うことが多くて。
お世話になっているし、挨拶に行こうと。

あまりにも夢中になって話をしていたんで、時計を見たときは「え?」ってなりましたね(笑)展示会終わる?みたいな(笑)
展示会に行った後、スカイツリーに行こうと思ってたんですよ。
でも終わった頃にはスカイツリー閉まってましたね。(笑)

Q.元からJADEさんとお付き合いはあったんですね。
そうですね。それまでは挨拶程度でした。
それに元々、JADEさんがダンスのシーンに、スポンサーとして入ってくれている事に対してリスペクトがありました。
ダンスのシーンに協賛金を出すって、あまり考えられないじゃないですか。
そういう所にも、JADEさんの理念というか、信念を感じます。

ブランドの信念がものすごいしっかりしていて。
流行とか、時流ではなく、「JADE」は信念のある、ダンスシーンに根付いたブランド目指していると感じているんです。

変な話、僕じゃなくて、アイドルとかもっとメジャーなアーティストでも良いと思います。
でも、JADEさんが「ストリートのシーンにも精通してて、メジャーシーンでも精通している人は他にいないんです」って言ってくれて。涙が出ました。
そういう所に信念を感じて、ブランドパートナーをやろうと決意しました。

Q.ブランドパートナーとしては、何をされていく予定ですか?
KENZO
やりたいことは主に2つあって。
ダンスシューズとして、こんなに素晴らしいものは無いと思っています。
こんなに軽量化されていたり、ダンサーが踊るための究極のシューズです。 “ダンサーのため”に作られている靴って他にはない。そこをフォーカスして、多くの人に履いてもらいたいですね。

あとは、自分がダンスに対して夢を持った時期、テレビにかじりついてダンサーを見て、かっこいいと思っていた時期って中学生とか高校生の頃なんです。
その年代の子達にもダンスの素晴らしさと、同時にブランドの素晴らしさを伝えて学校にも回りたいです。

KENZO.2

Q.最後に、今後の展望を教えてください。
KENZO
常に自分のそばにダンスが有り続けること。
自分にとってダンスっていうのは宝物みたいなものだから、もしその宝物が奪われてしまったり、失ってしまったら今のKENZO自身もいなくなるんじゃないか。

ダンスは宿命で、自分にとってやらなくてはいけないことだから。これだけダンスに与えてもらって、返さないのは違うと思うし、返さないとダメだと思う。
10代、20代のころは分からずに夢中でやっていたけど、自分が世界を周り見てきたものには、ダンスっていうのは、宗教、言語、人種、国の問題とか関係なく、一つの空間にしてくれるものだった。

これからもダンスを愛していきたい。

KENZOさんありがとうございました。今後の活躍も要チェック!

▶︎各種HP、SNSはこちら
DA PUMP公式HP:http://dapump.jp/
KENZO公式Twitter:https://twitter.com/DAPUMP_KENZO
kENZO公式ブログ:http://ameblo.jp/kenzo-official/

▶︎JADE
【JADE原宿店2周年イベント開催!】

0307event

■date:3月7日(土)

1日限定で、ブランドパートナー KENZO(DA PUMP)のシューズアドバイス。
2階のレンタルスタジオにて、トークショー、ワークショップ、SHOWCASEも開催!

さらに!!3月1日~15日の期間内に、シューズを購入したお客様限定で、JADEとも親交のある、ダンサー Achi(Rockwilder /SHOW-GUN)とKENZO(DA PUMP)とのデザインコラボタオルをプレゼント!

オンラインでも店頭でご購入いただいた方の限定となります!

JADE原宿 blog:http://ameblo.jp/jade-2013/
JADE公式HP:http://www.jade-shoes.com/

関連記事:「【News!!】KENZO(DA PUMP)がストリートダンスキックス『JADE』のブランドパートナーに!?」