TAIKI × TERPSIスペシャルインタビュー


JUSTE DEBOUT 2013 Parisでは、日本ダンス界のレジェンド「HIRO」とタッグを組んで準優勝を果たし、以降も数々のバトルやコンテストで活躍している、若手ハウスダンサーTAIKI(TAIKI&Omichi)。

今回は、そんな彼がダンスを始めたきっかけから、最大の転機になったJuste Deboutの裏話まで、
ダンサーTAIKIについてもっと深く知ることができるインタビューになっています。
ぜひお楽しみください!!

 

Q.まずは、TAIKIさんがダンスを始めたときの話からお聞きしたいんですけど、ダンスはいつから始めたんですか?
TAIKI
ダンスは大学から!
それまではずーっとサッカーやってた。

でもダンスはずっと好きで、高校のときとかテレビでスーパーチャンプルとかよく観てた。その頃からダンスはやりたいと思ってて、大学に入ってDancing Crew Exっていうサークルに入ったのがきっかけかな。

最初はHIPHOPをやりたくて、サークルの練習観に行ったんだけど、なんかみんな怖くて…笑
それから、LOCKも観に行ったけど、違う。BREAKも、違う。
結局行き着いたのがHOUSE!みたいな感じだった。

サッカーやってたから足腰は割と強いしいけるかなーっていう気持ちで、なんとなーく始めたんだよね。それから大学の最初の方は、サークルの先輩とかとチーム組んで色々コンテストとかショーとか出てたんだけど、全然ダメだったね。

Q.それからダンスが楽しくなったきっかけとかあったんですか?
TAIKI
楽しくなったきっかけ…
んー、HIROさん(ALMA/GLASS HOPPER)のレッスンに行ったことかな。
HIROさんのレッスンに行くようになってから「HOUSEってカッコいいんだ!」ってことに気づいて。

それからは色々動画見てたね。最初調べていた時に、GLASS HOPPERが出てきて、やばい!って衝撃受けた。
今の自分のダンスにも、その時のHIROさんとか、TATSUOさん(GLASS HOPPER)とかの影響がたぶんどっかに残ってるんだと思うんだよね。

でも最近は色々かな、偏ってなくて。結構代々木のダンサーからかなり影響を受けてる。今はSYMBOL-ISMとかすごい参考にしてるよ。

Q.そうなんですね。その頃からもう、ダンサーになろうって決めていたんですか?
TAIKI
最初は全然ダンサーになろう!なんて思ってなくてダンスをただ好きで活動してたら、レッスンの話がくるようになったんだよね。
「吉本興業の養成所でインストラクターができる!」っていうオーディションの募集があったから、受けてみたら採用されて。
その時は、お笑いとダンスを掛け合わせるのが流行ってたから、そういう人達にダンスを教えてた。

それが最初のダンサーになろうと思ったきっかけかもしれない。
自分がただ好きでやってたことでお金をもらえるってさ、何か申し訳ないけど、でも嬉しい、みたいな感じだったんだよね。

それからダンサーでやっていこうって決めたんだけど、大学卒業してから最初の1年間くらいはけっこう辛かった。
いきなり卒業して社会の中に放り出されてさ、そんなに収入あるわけでもないからアルバイトを2つくらい掛け持ちしてて。でもダンスもやらなきゃいけないしってゆう。そんな感じだったから1年くらいは結構低迷してたね。バトルとかコンテストとかでも全然勝てなかったし。TAIKIさん

そんな時に、HIROさんが「JUSTE DEBOUT行く人いませんか?」みたいなことをネットで言ってて、「せっかくだし俺も挑戦してみようかな!」って思い始めたんだよね。
でもJUSTE DEBOUTって2on2だからさ、相方が絶対必要なんだよね。それで相方を探したんだけどなかなか見つからなくて。
どうしようって悩んでたけど、どうしてもいきたくて。

そしたらちょうどHIROさんも「おれも相方いないんだよー」みたいな話をしていて、「あー、そうなんですか!」って話をしたんだよね。でも一向に自分も相方が見つからないから、もう思い切ってHIROさんを誘ってみたら、HIROさんが「やるかー!」って言ってくれて。
それまでは全然なんも勝てないし、無名だったからダメもとでHIROさんに言ったんだけど、受け入れてくれて本当に嬉しかった。

でもその頃はまだHIROさんのレッスンに通っているだけで、フランクに話せる間柄じゃなかったから、2人でルーティーンの練習する時も緊張だったよね。もうガチガチだった(笑)10695350_707391322674720_1265923548_n

しかも海外行くこと自体初めてだったし、JUSTE DEBOUTの会場には、今までYouTubeで見てたようなダンサーがいっぱいいて、そこでもすごい緊張した。

今回は予選通過を目標にしてたから、60チームの中から選ばれた時は本当にうれしかった。その時もう1チーム上がったのがKapelaとSerge(SERIAL STEPPERZ)だったね。

それから、本戦の1回目がJUSTE DEBOUTでも優勝してたToyin&Tashaだったんだけど、そこになぜか勝てて。次は、SERIAL STEPPERZのKとFrankwa。その時おれは調子悪かったんだけど、HIROさんがカバーしてくれてなんとか勝てて。その後のHyROSSIさん、SHUHOさんには、勝てるとは思ってなかったんだけど、おれもHIROさんも調子よくって勝てたんだよね。それで最後決勝がUkay&Adnanだった!

Q..初めてのJUSTE DEBOUTで、海外ダンサーを見て「日本人とは違うな」と思ったところはありますか?
TAIKI
んー、「黒さ」っていうところで、やっぱり人種の壁はあるんだな、って感じた。
でも逆に日本人はダンス上手なんだな。って改めて思ったかな。
おれらの中では当たり前のことでも海外の人から見ると「すごいことやってる」って思われるダンサーっていっぱいいるんだよね。

海外のHOUSEダンサーってB-BOYっぽくて、わりとステップとかフロアとかがどっちかって言うと汚いイメージだったんだけど、最近、海外のダンサーが日本人のダンスよく見るらしいんだよね。それで勉強してるから最近ステップがめちゃくちゃ綺麗になってるっていうのをHIROさんと話してた。10704784_707391316008054_1956343714_n

あと、海外の人は体幹がめちゃくちゃ強いよね。そんな体勢からムーブは入れないでしょ。ってことを平気でやったりする(笑)
しかも、表現の幅が広いっていうか。動きの中で色んな表情を出せるんだよね、発想が柔軟。
自信があって自分を開放できてるから、ああゆうダンスができるんだと思う。

逆に自分達でも通用するなーって思ったのはカポエイラベースのフロアとか。
日本ではカポエイラベースのフロアムーブとかってわりと主流だけど、海外のダンサーってSERIAL STEPPERZもそうだけど、B-BOY的なムーブが多いんだよね。
あとはステップワークはきれいだなって。そこは日本人が世界に通用するところだなって思った。

Q.初挑戦で見事準優勝を勝ち取った訳ですが、JUSTE DEBOUTを経て一番変わったことはなんですか?
TAIKI
心境的な部分から話すと、世界大会で準優勝!ってすごいうれしかったんだけど、そんな人間って急激に変わらないじゃん。だから結果は出したけど、自分はそんなにうまくないってゆうのがわかってたんだよね。
帰国した後、周りからもてはやされて一発屋で終わるんじゃないかとか、どう見られるんだろうとか、そのプレッシャーが結構あった。

だから帰ってからは、練習量すごい増やしたね。海外行ってみて自分の強みがわかったから、ステップワークとか、フロアは磨きをかけ続けた。ずっとね。

それからは、バトルとかコンテストもしっかりやっていきたいと思ってて。今年はDANCE@LIVE FINALで国技館出れたんだけど、その時はひとつほっとした。って感じだったね。
ちゃんと実力を証明できたみたいな。当時はまだレッスンも少なかったんだけど、アルバイト代で東北、北海道、福岡、金沢の予選に行って来た。もう必死だった。

DANCE@LIVE FINALからダンススタジオのレッスンがすごく増えたかな。
去年の10月くらいにアルバイトを辞めて、そこからはダンス一本。毎日1〜3本くらいレッスン持ってる感じ。
卒業してから3年経ってやっとダンスだけで生活できるようになった。1年目はなにも見えないから本当につらかったけど、がんばってきてよかったなって思う。

Q.若手ダンサーを牽引する存在のTAIKIさんのこれからの目標があれば教えてください。
TAIKI
やっぱりまだ1番にはなってないから、1番になりたいね。バトル面では、JUSTE DEBOUTも、DANCE@LIVEも30歳までに優勝したい。あとショーケースで言えばDANCE DELIGHTも狙いたいなと思ってる。この前のFINALも観に行ってたんだけど、やっぱり出なきゃなと思う。10706461_707389412674911_756794430_n

あとは海外での活動も広げていきたいって思ってる。JUSTE DEBOUTの時に、シンガポールのダンサーと仲良くなったんだけど、この前シンガポールに呼んでくれて。そうゆう海外とのつながりを大事にしていきたいな。

やっぱり自分の中での憧れのダンサー像はHIROさんだから、HIROさんみたいに、世界から声がかかって、WSだったりバトルだったり飛び回れるようなダンサーになりたい。

Q.最後に、大学からダンスを始めた人とか、ダンサーを目指してる人に向けて何かメッセージがあれば教えて下さい。
TAIKI
学生ダンサーってうまい人いっぱいいるよね!
コンテストとかでも活躍してる人たくさんいるし。

学生時代、自分からしたらBIGBANGとか憧れのコンテストだったから。

だから自分に妥協しないで欲しいな、やりたいと思ってるなら絶対やった方がいい。
あとはチャンスを自分で作り出す努力をし続けないと厳しい世界だな、と思う。

周りでもダンスうまいのに、中々活躍できないって人をいっぱい見てきたけど、やっぱりそこには運を引きよせる力みたいなのがあると思ってて。それって当たり前のことなんだけど、あいさつをちゃんとするとか、礼儀正しいとか人間性の部分をしっかりすることが一番大事だと思う。

そうゆうのを積み重ねてきたから、JUSTE DEBOUTっていう大きいチャンスを自分は手にすることができたのかもしれないし、そこは大事にしていって欲しいなと思います。

TAIKI出演イベント、レッスン情報はこちら

・SHARE -BUILD YOUR OWN HOUSE-
http://www.ance.jp/share28
10708272_707389242674928_1084707161_n
・TAIKI HOUSE CLASS
http://blog.livedoor.jp/hokurobito/

・TAIKI&Omichi
12月28日
DANCE@PIECE ZERO CONTEST GRAND FINAL