史上初『ストリートダンス早慶戦』直前インタビュー!!


今回は、史上初の大会『ストリートダンス早慶戦』のオーガナイザーを務めている、
慶應大学4年生の柿澤さんにインタビューさせて頂きました。

「学生ダンスシーンがダンス未経験者も巻き込み、これからのダンスシーンを変える!」
そんな熱い思いを持った柿澤さんに今回の『ストリートダンス早慶戦』の見所や大会への意気込みや、これからの展望などお聞きしてきました。

これからの大学ダンスシーンを大きく変えていくかもしれないこの『ストリートダンス早慶戦』。
学生ダンサーの方は必見です!

Q.まずは、今回の『ストリートダンス早慶戦』を開催することになった経緯を教えて下さい。

柿澤
ずっと思ってたことなんですけど、野球とかサッカー、フィギュアスケートって、そのスポーツをやっていない人でも楽しめるじゃないですか。
なんかそれと同じで、ダンスももっと色んな人に楽しんでもらえたらいいのに!って考えたのが最初のキッカケです。

それで完全にアイディアベースで、「ストリートダンスの早慶戦をやったらもっと色んな人が見に来てくれるし、卒業生もOBもみんなで応援できる機会もできるんじゃないか」って考えたんです。
その想いを現役の学生に話したところ、賛同してくれる仲間がいて実現できました。

あとは、自分としては「ストリートダンスの地位向上」をしたいなと思っていて、
「ダンスを押し上げたい!」「社会的イメージを取っ払いたい!」という思いからやらせてもらっています。

その思いを現在大会を色々な面でバックアップして下さっているOstance(オースタンス)の方々に言ったところ、向こうからも「早慶戦絶対やろう!」「面白そうだからやってみよう!」と言って頂いて、それから、色々な方にお力をお借りしながら今運営をさせてもらっています。

正直アイディアベースで言ったことが、こんなに大きくなるとは思っていなかったです。

Q.早慶戦のきっかけにもなっている、「ダンサーの社会的地位向上」に興味を持ったキッカケを教えて下さい。

柿澤
これは就活が一番大きかったですね。
「こんだけダンス頑張ってました。」「ダンス頑張り過ぎて留年しました。」は就活じゃ通用しないんですよ。
だからどうにかこうにか「大阪に行ってダンスの修行行ってました。」とかそういう嘘つくしかないんですよね(笑)。

でも面接では、「じゃあなんでプロダンサーにならなかったの?」って聞かれちゃって。
体育会の野球部だったら「何でプロ野球選手にならなかったの?」って聞くことないじゃないですか。

だからダンスも野球くらいのイメージに持っていきたいなって感じた時に、ダンスの社会的地位を向上することに興味を持ち始めました。

あと、就活だと「ダンスを頑張ってきたこと」ではなく、「サークルのイベントでこんな大きなイベントをイベント係としてやってました」って言った人の方が受けるんですよ。
でもそれって、野球だったら「野球を大学時代頑張ってこれだけの成績を残しました!」って言えば、人事も「あーそうなんだ!すごい子だね!」って納得してしまう。

努力値で言ったらダンサーも野球選手も変わらないのに。

そういうしがらみをなくすには、ダンスの大会をダンサーの中だけではなくて一般の方にもちゃんと理解してもらえるようなイベントにする必要があると思いました。
じゃあ、一般の方にもちゃんと理解してもらうためには、「オフィシャル性」の高いイベントにしなきゃいけない。そう考えた時に「早慶戦」というあらかじめ、ブランドとして確立されたものに「ストリートダンス」を合わせることを考えました。

でも、オフィシャル性を高くすることで無くしちゃ行けないなと思うのは、ストリートダンスが持つ「アンダーグランド性」。そこはしっかり忘れないように意識しています。

今の大学生ダンサーって、せっかくダンス始めて、寝る間も惜しんでダンス頑張ってきたのに、結局就活時期になると、就職した方が周りからの目も良いし、お金も稼げるし。それでダンスをやめちゃうのが本当にもったいなくて。
その学生ダンサーの現状を変えたいですね。オーガナイザー柿澤さん

Q.ストリートダンスの早慶戦ってありそうで今までなかったですもんね。では、そんな色んな想いが詰まった今回の大会の見所を教えて下さい。

柿澤
何と言っても、史上初の『ストリートダンス』と『早慶戦』を絡めた大会というところですね。
全部で早慶7つのダンスサークルから参加者がいます。今まで、ここまで大規模な大会はなかったみたいです。
今回の「ストリートダンス早慶戦」では今までにはない評価基準のもとで勝者を決めます。ただうまい方が勝つ訳ではないんですよ!

その評価基準は、団結力・技術力・クリエイティブ力・総合バランス力・即興力の5つ。これらの明確な基準のもとでジャッジ陣に審査してもらい、点数が高い学校を優勝校とします。
実は、この5つの評価基準はフィギュアスケートの選手と一緒に考えたものなんですよ。

何でストリートダンスにフィギュアスケートの選手の意見を取り入れさせてもらったのか。それは「そのスポーツをやっていない人も熱狂して応援できる・楽しめる大会」を実現したかったからです。
「ダンス最近テレビでよく見るから、実際に見に行ってみたい!けどどこで見ればいいかわからない…」
「いきなりクラブイベントは行きづらい…でも見てみたい…」
そんな人達でも「早慶戦なら楽しめそう!」「ストリートダンスを気軽に見れる!」と思って足を運んでいただけるような大会を目指しています。

早慶戦は5つのコンテンツが用意されています。
「YouTube映像コンテスト」「課題曲ショートコンテスト」「MIXショーケースコンテスト」「学年対抗クルーバトル」「5ジャンル1on1バトル」に分かれています。
こういう感じで様々なコンテストを行って、わかりやすい評価基準をもとに点数にすることで「一般の人にも分かりやすい大会」になっていると思います。

Q.今回は会場も野外で一般の方でも気軽に来れそうですよね!早慶戦はジャッジ陣がとても豪華なことも注目されてますよね。

柿澤
「早慶戦」ってことで早慶にゆかりのある早稲田と慶應のOBの方をお呼びしました。
早稲田OBからはB-BOYのTobaccoさん(Waseda University Breakerz)
そして慶應OBからはTOYOTAKAさん(JADE/BeatBuddyBoi)
プロ代表からは、SHUHOさん(TOKYO FOOTWORKZ)Yu-mahさん(FULL AHEAD)

そして今回、特別に出て頂くのが、今年のJUSTE DEBOUT優勝者、
韓国からHOZIN(Real Marvelous Crew)をお呼びしてます!みなさんとにかくやばいです!
Q.わくわくしますね!早慶戦は今年が、第1回大会ですが、来年からの展望等あれば教えて下さい!

柿澤
今回は、この歴史が始まる第一歩を、単純にみんなが楽しい!って思える時間にしたいです。

それで3年後5年後には「早慶のダンスサークルに入って早慶戦に出たい!」という感じで、次の世代の子達が大学に入る時の1つの目標になるような大会にしたいですね。

「野球部に入って神宮で投げたい」
「サッカー部に入って国立競技場でサッカーをしたい」みたいな感覚です。

嬉しいことにたくさんの高校生がこの早慶戦のことを知ってくれているので、これからの「早慶戦」のシーンを担っている高校生もどんどん巻き込みたいです。

平日開催ですが、学校や会社を休んででも来る価値ありますよ!、、冗談です(笑)
でも、そのくらいアツい大会にします!!

あ、あとAO入試を動かしたいですね(笑)
ダンサー推薦枠みたいな。その上の目標としては「ストリートダンス早慶戦」を続けていって、いずれは「東京6大学リーグ」をやりたいです。6大学のダンスサークル対抗ミスコンテストとかもやってみたいです(笑)。
早慶戦や6大学リーグの優勝校ダンサーにはちゃんと出口を作ってあげたいですね。
今年も協賛活動をしてるんですけど、大学生ダンサーが目標としてくれるような魅力のある大会に育てていきたいです。早慶戦を通して、学生ダンスシーンをもっともっと盛り上げて、学生シーンからダンスシーンに大きな影響を与えていけたらいいなと思っています。

Q.いいですね!6大学リーグとても気になります。最後になりますが、今回の大会への意気込みを教えて下さい。

柿澤 
今回の早慶戦は第1回大会で、実績も何もないので正直、風当たりもすごいです。
でも、この想いを伝えられる機会があれば、賛同してくれる学生ダンサーも多いと思います。

「みんなでもっともっと学生ダンスシーン盛り上げるぞ!」という想いが伝わればうれしいです。早慶戦は、自分の夢の第一歩でもありますが、大学ダンスシーンにとっても、ダンスシーン全体にとっても大きな試みだと思ってます!

「ストリートダンス」と「早慶戦」という色が全く違うものが重なる瞬間。新しい歴史が始まる瞬間をみんなで共有したいです。ぜひ早慶戦にお越し下さい!

以下が、ストリートダンス早慶戦の詳細になります。

〜史上初!ストリートダンスの新しい歴史の第1歩!〜

■開催日時
2014年9月19日(金)13:00開戦(12:00開場/20:00終了予定)

■開催場所
上野恩賜公園野外ステージ 所在地:台東区上野公園2-1(JR上野駅から徒歩7分)

■GUEST PERFORMANCE
TOTAL COAST(HOZIN+HAN+RIKU)

■JUDGE(審査員)
海外代表    :HOZIN(Real Marvelous Crew)
早稲田OB代表 :Tobacco(Waseda University Breakerz)
慶應義塾OB代表:豊隆(JADE/BeatBuddyBoi)
プロ代表1   :SHUHO(TOKYO FOOTWORKZ)
プロ代表2   :Yu-mah(FULL AHEAD)

■DJ(音響)
DJ MAR(DJ Four)
DJ Satoci(O.G.S)  他ブッキング中

▶︎公式ホームページ
http://ostance.com/service/waseda-keiogame2014/

▶︎チケット
https://streetdance-sokeisen.stores.jp

▶︎お問い合わせ
hidetoshi_kakizawa@ostance.com

▶︎Facebook
https://www.facebook.com/dance.soukeisen

▶︎Twitter
@soukeisen

主催:ストリートダンス早慶戦実行委員会
協力:オースタンス

TERPSIはストリートダンス早慶戦「YouTube映像コンテスト」をサポートしています。
慶應を応援したい方はこちら
早稲田を応援したい方はこちら

=応援する際の注意=
まず見る前にチャンネル登録してください!チャンネル登録しないと高評価が押せないので必ず登録してください!!
http://www.youtube.com/channel/UChR2jAMVBF2wJZg2KhnUhaw?sub_confirmati…
早慶各チームの動画を「合計再生回数」「合計高評価数」によって出される合計得点の比率で得点を決定する。
再生数は1回につき1点、高評価は1つにつき5点とする。
配信期間は9/3(水)19:00〜9/17(水)19:00の2週間とする。
(例)
早稲田 再生数3000 高評価100 = 3000+100×5 = 3500
慶應 再生数3800 高評価40 = 3800+40×5 = 4000
この場合、3500:4000=7:8なので、早稲田7点、慶應8点とする