JADE × Psyche|スペシャルインタビュー


ストリートダンサーにとってはおなじみのシューズブランドJADEが、国内外で活躍するダンスアーティスト•コレオグラファーPsyche(サイキ)とのコラボレーションによる新しいプロジェクトをスタート!
JADEはこれまでもs**t kingz、GO GO BROTHERS,Dee(KING OF SWAG)& RIE HATA(QUEEN OF SWAG)とのコラボした商品や、著名なトップダンサーを起用したPVが話題になってきました。

今回は、JADEの大きな特徴でもある、裏原のフラッグショップの2Fに、併設されたダンススタジオでのスペシャルレッスンを通して『未来のスターを発掘し、育てていく』というこれまでになかったプロジェクト!

そこで、このプロジェクトのきっかけや、これからのダンスシーンについてJADE原宿スタッフのプレスとPsycheのお二人にインタビューさせて頂きました。二人の熱い想いが感じられる内容になっていますので、どうぞお楽しみください!

ついに新プロジェクト始動

Q.そもそも今回のプロジェクトが始まったのは、どういった経緯だったのですか?
名称未設定-1
JADE原宿スタッフ/プレス
たまたまテレビで「週刊EXILE」に出ていたPsycheさんを見たんですよね。EXILE PERFORMER BATTLE AUDITIONの指導されているところだったんですけど、すごく熱い人だなーと思って何か一緒にできたら面白いなと思っていました。「私は、いまこの空間が日本で熱くあるべき場所なんだと思う」と熱く語っているところを見て、「この先生、めちゃくちゃカッコいいぞ」と思いましたね。

それからPsycheさんとお話する機会があって、その時にすごく深い話をすることができたんです。
JADEのフラッグショップがある”裏原”っていう場所は、Supremeさんや、KICKS LAB.さん、DANCERS COLLECTIONさんのような、言わば、ストリートの王者が集まる場所。裏原”=”かっこいいストリートカルチャーが集う場所”というイメージが元からある中で、「JADEらしさ」を出していくためにはどうしたらいいだろう、どうすればダンサーやストリートシーンにおいて魅力的なブランドに成長していけるだろうか、みたいな話をPsycheさんにした時に、「JADEの名前の由来の通りのことをすればいいんじゃないですか?」って言葉を頂いたんです。

JADEのブランド名の由来は、翡翠(ひすい)なんですけど、『日があたることのない鉱物も、発掘され研磨されることで輝きを放ち、いつしか人々を魅了する宝石へと変貌を遂げられる石』のことを意味しているんです。『アンダーグラウンドでしのぎを削り、いつかスターになって輝き多くの人々を魅了する若きストリートパフォーマーを応援していきたい』という強い思いが込められているんですよ。

だから、その言葉をPsycheさんに頂いた時に、その名前の由来通りのことを実現していきたいと思ったし、その可能性がJADEにはあるなと思ったんです。たとえていうならば、大人気オーディション番組であった「ASAYAN」のようなことが、ブランドから発信できればいいな、と。

それからPsycheさんが考えているビジョンを色々とお聞きした時に、JADEの想いに賛同してくれているPsycheさんにスペシャルなレッスンをやって頂きたいなと思って、今回のJADE×Psycheスペシャルレッスンを提案させて頂きました。
o0480048013110561188 (1)

JADE × Psycheスペシャルレッスンに込められた想い

Q.多くのダンサーとお会いしていると思うのですが、その中でもPsycheさんにピンと感じた理由はあるんですか?
JADE原宿スタッフ/プレス
んー。…なんか合いましたよね?(笑)

Psychea
確かにそうですね。最初会ったときから!

JADE原宿スタッフ/プレス
Psycheさんは自分のことを「面白いよね!」って可愛がってくれるんですよ(笑)
仕事の関係で、沢山のダンサーの方とお話させていただく機会が多いのですが、その中でも、Psycheさんとはなんか、、、、

Psyche
「人」と「人」として!ってことですよね?

JADE原宿スタッフ/プレス
そうです!お互いに多分どこかにがあるんですよね。見かけとかそういうとこじゃなくて、何かにかける愛情や熱意、スタンスの部分で合致しましたね。

Psyche
そうですね、確かに。私はダンサーとして生活してきた中で色んなダンサーと知り合ってきましたけど、長い間戦う中で迷ったり葛藤したりした時に話せる師とはあまり出会えてこなかったんですよね。 “自分を作る”ってことに対して助けてくれる人が中々いなかったので、JADEの方に自分の想いを支援して頂けることへの感謝、という気持ちも強くあって引き受けさせていただきました。

私はとにかくダンサー•アーティストの育成に興味があるんですけど、レッスンでは“自分を作る”つまり、自分らしさを見つけるっていうことを大事にして3時間みっちりレッスンさせてもらっています。私自身、ダンサーとしての“自分らしさ”を見つけなきゃいけない時期に助けてくれる人がいなかった経験をしてきたこともあって、私のレッスンでは“自分らしさ”を見つけることをみんなができるようにさせてあげたいと思っています。

“自分を知る”ためのレッスン

Q.なるほど!レッスンの中で、自分らしさを見つけるために意識されていることはありますか?
Psyche

私がレッスンで大切にしていることは軸をぶらさない!ということです。体の軸をぶらさないってことだけじゃなくて、心の軸をぶらさないってことにも意識していますね。
私はHIPHOPとかJAZZとか、そういうスタイルを教えているのではなくて、実際のレッスンでは、
どんなジャンルでも通用する体作りを意識したトレーニングから入って、中盤は心がぶれないように、“自分自身とはなんなのか”ということを意識するために、円になってみんなの思っていることを共有する時間を作るようにしています。「自分がどうしたいか」ってことを人に話したり、他人の意見を聞いたりして、自分をどんどん知ってもらおうってことに時間をかけています。

そういう時間を設けることで、自分の得意なスタイルだったり、自分のうまい見せ方だったりを生徒自身分かってきている印象を受けますね。 1人1人“自分らしさ”っていうことを理解しているダンサーが、私の生徒の中には多いので、フリースタイルをする時間があるんですけど、そこでも誰1人同じことをしないんですよね。

pic

私は、クローンを育てることを意識しているレッスンだと発展性がないなって思うんです。私はその人自身が持っている原石が、ルビーになるのかサファイアになるのかなんて全然分からない。
でも、その人それぞれ持っている“原石”を大事にしています。みんなが全員違っていて良いと思います。

段々JADE×Psycheスペシャルレッスンを受けてくれている生徒は自分の色が分かって来て、自分自身を楽しんでいる子がいっぱいいるので私も嬉しいですね。私のクラスは本当に色んな子がいるので「あー、この人はこういう表現するんだ!」ってことを他のダンサーを見ている時に刺激を受けて、それを自分なりに解釈することで、レッスン生全員が“自分を知る”ためにがんばってくれていますね。

Psycheレッスンの魅力

Q.プレスがPsycheさんのレッスンを見て、何か感じることはありましたか?
JADE原宿スタッフ/プレス
自分はダンスをやった事がなくてダンスの知識が全然知識がなかったので、「ダンスレッスンってダンスを教わることが中心」って思っていたんです。でも全然そんなことなかったのがPsycheさんのレッスンでした。
どこが印象的だったかというと、みんなで円になってレッスン生が自分のことをみんなに共有するということをPsycheさん中心にしていて、「自分の今の立ち位置はどこなんだろう」ということをすごく考えさせるレッスンになっているところでした。それがPsycheさんも言っていた、レッスン生の成長に繋がっているんだと思います。こんなに良いことをいっぱい言っていますけど、自分は別にPsycheさんのレッスンの伝導師ってわけじゃないですよ(笑)

一同 (笑)

o0480048013110561194 (1)
JADE原宿スタッフ/プレス
自分はよくPsycheさんのレッスンを見学させてもらうことがあるんですけど、この前、恒例のイメージトレーニング時間に「なにかお話してください」ってPsycheさんが自分にむちゃぶりしてきたんですよ(笑)。その時に、「10代の子に何を伝えたらいいんだろう」って迷ってしまって。だから自分もこの子達はどんなことを求めているんだろうってことをすごく考えさせられましたね。ダンスをしていなくて、ただ見学をしているだけなんですけど考えさせられるという…(笑)

Psyche
別にダンスを教えるだけだったらDVDでいいんですよ。私は「人」と「人」で接するのが好きなので、生徒とも「人」と「人」として接していたいんですよね。そこが他のクラスとは違うところではないかと思います。だから、私と生徒との関係はだいぶ深いと思います。

生徒と話をしていると私も時々ハッとさせられることがあるんですよね。すごく生徒の意識が高いんです!ダンスだけじゃなくて、他の内面的なところも。そういう時に、影響力のあるダンサーが育ってきているな、ということを実感します。そういうもっと生徒が増えていって、大きなムーブメントを起こせるような場所にしていきたいなと思っています。

ブランドとアーティストが作り出す新しい可能性

Q.新しい形のダンススポットになっていくのが楽しみですね!最後になりますが、JADE HARAJUKU でのこれからの展望を教えてください。

JADE原宿スタッフ/プレス
正直、自分も靴だけじゃなくてダンススタジオもあるようなショップができるのは想像もしていませんでしたね。できた時はびっくりしました(笑)

今後やっていきたいことは色々とあるのですが、まず来年JADE PVの撮影が予定されています。
その際には、Psycheさんのクラスの中でオーディションを開催し、出演者をキャスティングしていく予定です。今後も自分たちブランド側が支援できることを色々と考えていきたいと思っています。

また、ダンススタジオができたことで、「レンタルスタジオだけでなく、レッスンもできる。」
それがJADEの特徴で、JADE原宿スタジオっていうスタジオを使うことが「かっこいい!」とダンサーの方に思ってもらえるようになるのが理想ですね。レンタルスタジオって正直色々あるじゃないですか。でもそこで「あえてJADEを使おう!」って思ってもらうことで、ブランドとの関係性を深めていくことができると思うんですよね。ただ練習をするだけじゃなくて、裏原にあるアパレルの中で踊る雰囲気を楽しんで頂きたいですね。そういう風に、JADEとの関係が深まっていった方にはJADEのスタッフと情報交換したりして欲しいですね。そういう流れが10年くらい前の裏原だったんですよ!今回、Psycheさんとのご縁で始動したプロジェクトをきっかけに、これからも色々なアーティストの方ともご一緒できたらいいですね!!

Psyche
色々楽しみです!!

JADE原宿スタッフ/プレス
新参者のブランドが、裏原のカルチャーを語るのはおこがましいですが、10年くらい前の“裏原”っていう場所には、ショップで、カリスマ店員とお客さんが情報交換をする”っていう風潮といいますか、カルチャーがあったということを聞いています。今のJADE原宿店には、ダンスとかストリートカルチャーに精通しているスタッフが揃っています。だからそのスタッフ達と話をしてみて交流を深めて欲しいですね。そうやってJADE原宿店のよさを知って欲しいな、と思っています。

そういう風にしてダンサーとJADEとの関係を築き上げていきたいです!これからのダンスシーンをもっと盛り上げるためには、アパレルだけじゃなく、みんなで盛り上げていく必要があると思っています。今のダンスシーンはダンサー、アパレル、学校など…本当に色んな人が関わるようになったと思います。その中で、自分の利益になるようなことだけを考えて行動にするだけじゃなくて、ダンスシーンを上げていくためにみんなで一緒に盛り上げていけたらと思います。

そういった意味でも今回のPsycheさんとのプロジェクトはとても大切にしたいですし、ブランドとアーティストが共に成長していく新しいスポットにしていきたいですね!

ブランドとアーティストが共に成長していく。ストリートダンサーをサポートしてきたJADEらしいプロジェクトですね!貴重なお話ありがとうございました!

Psyche Special Class@JADE原宿スタジオに興味のある方はこちら

*Psyche Special Class @ JADE原宿スタジオは完全予約制になります。
 事前のオーディション•面談が必要になりますので、ご希望の方は下記までご連絡下さい。

Psyche Special Class 担当

psyche.dance@gmail.com

Psyche(サイキ)
Twitter: @YACHIYOPSYCHE
Instagram: yachiyopsyche
Blog: http://ameblo.jp/yachiyopsyche/

JADEではレンタルスタジオも行っています。
JADE原宿スタジオの情報はこちらから!
http://www.jade-shoes.com/studio/

600x315_2-2